栃木県壬生町にある国際基準のカイロ治療院 シャロームカイロプラクティック

ストレートネックの肩こりは・・・。
2014/03/13
冬の寒さも彼岸まで。とは言いますがまだまだ寒いですね。

年度末と言うこともあり、デスクワークが忙しくなっていると患者さんから聞いています。

最近テレビなどでストレートネックについてよく放送されていますが、ストレートネックになってしまうと肩こりがひどくなります。

ですが、肩こりをあまり感じなくてもすむようにはなります。
ストレートになってしまったの首の湾曲をつけることは難しいですが、腰から背中、首と全体の背骨のバランスをとることで、しつこい肩こりを楽にすることは可能です。

そして肩甲骨周囲の筋肉、(細かく言うと棘上筋、棘下筋、大円筋、小円筋、広背筋、肩甲下筋、大胸筋、小円筋など、の肩甲骨周囲の筋肉)を緩めたり強くしてあげたりすることで、正しい姿勢を保ちやすくなり、肩こりになりにくく出来ます。

気になる方は一度ご連絡ください♪
しつこい肩こりの原因は??
2014/01/15
大寒波の影響で寒い日が続きますが、皆さんお体は大丈夫ですか?

先日テレビでしつこい肩こりの影響は広背筋だとテレビでやっていましたが、もちろん広背筋の影響もあります。
しかしそれだけではありません。
ローテーターカフと呼ばれる肩甲骨の外側についている筋肉、そして大胸筋と呼ばれる胸の前についている筋肉、その全てが肩こりの症状を引き起こす僧帽筋や肩甲骨挙筋を硬くしてしまうのです。

どう言うメカニズムかと言うと・・・
まず、広背筋や大胸筋、肩甲骨の周りのローテーターカフが硬くなると、肩を下に引き下げたり、肩を前に突き出したり、肩甲骨が外側に開いたりします。
すると自然と猫背の姿勢になり頭が前に出た状態になります。

広背筋、大胸筋、ローテーターカフこの三つが硬くなることが猫背を引き起こす原因となっており、猫背がしつこい肩こりの一番の原因になっています。

そしてその筋肉が硬くなる原因は、広背筋を支配している胸背神経、ローテーターカフを支配している肩甲上神経・肩甲下神経・腋下神経、大胸筋を支配している胸筋神経の異常な興奮から来ている事が多いです。

カイロではこの神経の異常な興奮を抑えて、直接筋肉の硬さをとる施術を行っていくので、筋肉の緊張もとりやすく、肩こりも原因から取り除くことが出来るのです。

説明が分かりにくかった方は、是非一度来院してみてください♪
7月に子供が産まれました。
2013/11/01
患者さんや友人から沢山のお祝いをいただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます。
どんな枕がいいの?? VOL3
2013/07/24
第三回になりましたが、今回で大体説明は終わるかと思います。

布団屋さんや枕屋さんで合う枕を作ってもらったのに、家で使おうと思ったら高さが合わない、なかなか寝付きにくいと言う方も多くいらっしゃいます。

理由は簡単です。

普段ご自分で使っている布団やベッドに合わせて作っていないからです。
ではどうしたら良いか、VOL1でお話したように自分で合う枕を作ってしまえばいいのです。

普段自分が寝ている物に合わせて作れば、高さが合わないと言うこともなくなりますし、少し高さを変えなければいけない状態になってもすぐに変えることが出来るので、その時の体の状態に合わせて枕を調節することが出来ます。

理想的な枕の高さと言うのはありますが、それは理想的で健康な体をしている人に合う枕のことであり、万人に合う枕ではありません。

また、ストレートネックを寝ている間に治そうという枕も売ってはいますが、人は必ず寝返りをうつもので、枕だけでストレートネックを治すのも難しいです。

そして、枕は頭を支えるのはもちろんですが、それより重要なのは寝ているときに首に負担をかけず、起きているときに頭を支えている首を休ませるものであると言うことです。

以上のことから、体のバランスを整えた上で、自分の体に合った枕を自分で作ってしまうのがベストだと思います。

どんな枕がいいの??どんな枕がいいの?? VOL2
2013/07/18
どんな枕が良いか?第二段ですが、今回は体の状態でその時に体に合う枕の状態は変わる。と言うお話をしようと思います。

ストレートネックだったり胸の筋肉が硬かったりすると、自然と頭部は前に出てきます。
すると寝ているときも頭は前に出ないと苦しくなってしまうので、仰向けに寝ようとすると枕を高くしないと寝づらくなります。
寝るときに仰向けだと寝られない。横向きにならないと眠れないと言う方は大体このケースが多いです。
そういう方達は胸の筋肉をしっかりと緩めることで仰向けでも眠れるようになったり枕を低くしても仰向けで眠れるようになります。

何故かと言うと胸の筋肉を緩めると、胸を開くことが出来、胸を開くと頭位(頭の位置)が後ろに下がってくるので、枕が低くても大丈夫になるのです。

だいたいストレートネックや猫背の方は肩こりや頭痛も出やすく、高い枕じゃなきゃ仰向けで寝られない、横向きじゃなきゃ寝られないという方が多いです。

また、普段は低い枕でも大丈夫でも風邪を引いたり仕事で疲れが溜まったりすると胸の筋肉も硬くなりやすいので、そういう時は仰向けだと枕が低く感じ横向きじゃないと寝られなくなったりもします。

枕の高さが合わないなぁ、と言う方は体のバランスをしっかり整えると低い枕でも寝られるようになるので、一度ご相談ください。
どんな枕がいいの?? VOL1
2013/07/17
梅雨が明けた途端に暑い日が続きますね。

肩こりの患者さんから枕はどういうのを使えば良いんですか?と言う質問をいただきました。
何回かに分けて説明していこうと思います。

どんな枕。結構難しい質問ですが、簡単に言うと寝返りをしやすい枕が、一番あっている枕です。

寝ているときに寝返りをうつのは、下になっているところに血液や体液が溜まるのを防ぐ効果もあり、全身の疲れを取るのに非常に効果が高いのです。

寝返りのうちやすさを検査する簡単な方法もあります。
両膝を90度くらいに曲げて仰向けに寝て両手を方の前で交差させ、寝返りをうってみます。
その時に枕の高さが合っていないと膝が先に回ってしまったり、肩が先に回ってしまったりします。
枕の高さが合っていれば肩と膝が同時に回って寝返りをうつことができます。

枕は本当の枕を使う必要はないので、バスタオルを重ねて枕代わりにして少しずつ高くし、高さを調節してください。

次回はまた別の視点で枕の説明をしていこうと思います。
雨が降ったり、天気が悪くなると痛み出すのはなぜ?
2013/06/14
梅雨に入り気圧が不安定だと色々な症状が出てきますね。
痛みと言うのは、科学的に数字で表すことが難しいものです。
私が大学生のときに教えを受けた、故佐藤昭夫先生(生理学の権威)が話していたことを少し分かりやすく説明します。

痛みは数字に表すことが難しいのですが、体の中に絶対にあるものです。痛みに敏感な人、鈍い人もいるとは思いますが、痛みと言うのは絶対にあるものです。
痛いと感じるときは、ある一定の刺激量を超えたときに初めて神経が反応し、痛いと感じます。雨が降ったり、天気が悪くなったりすると、気圧が下がり痛みを感じる基準が下がってくるので、普段は感じないような痛みを感じるようになるのです。 
普段からある痛みを気圧が下がるせいで痛みとして自覚するだけで、もともと悪いところが無ければ、気圧が下がっても痛みは感じなくて済むことになります。
と話していました。 
普段は痛みレベル4を越えないと感じない痛みが、気圧が下がると痛みレベル3でも感じるようになってしまうということですね。

もう少し科学的な言い方をします。
気圧が下がると、痛みに対する閾値(いきち)(生体内で反応を起こさせるための最低限必要な刺激量)が低下するために、普段感じないような痛みにも敏感に反応しやすくなってしますのです。

車で山を登ったりすると、山の上の気圧が低いために、皆さんも腰や肩、膝に痛みを感じることもあるのではないでしょうか? 歩いて上った場合は、血流が良くなって筋肉が緩んでいるので痛みを感じないで済んでいるのかもしれません。

気圧が下がっても閾値が下がっても症状を感じなくしたいと言う方は一度シャロームにご相談ください。
カイロプラクティックとは
2013/05/02
母校のホームページより抜粋

カイロプラクティックは、1895年に米国人D.D.パーマーによって創始されたヘルスケアで、アメリカを中心に世界80カ国以上で行われています。現在では、米英豪など世界主要30カ国で法制化されています。
カイロプラクティックの「カイロ」はギリシャ語で「手」、プラクティックは「治療」を意味します。
薬や手術に頼らず、背骨の構造的・機能的異常を正すことで、さまざまな神経や筋肉の働きを正常にする、人間の自然治癒力が最大限に発揮させる手技療法です。

特に重篤な循環器系、脊椎の悪性腫瘍など器質的疾患以外の腰痛、椎間板ヘルニア、肩こりに大変効果があり、1994年のアメリカの米国連邦政府ヘルスケア-政策・研究局の調査結果では、急性腰痛に対する最も有効な治療法として脊椎マニュピレーションをあげています。
脊柱マニュピレーションの専門家の94%はカイロプラクターであるといわれており、疼痛の緩和に最適との評価を国民からも受けています。

そのため、整形外科よりも椎間板ヘルニア、腰痛、肩こりにはカイロプラクティックが安全で有効であり、医師、理学療法師でさえ、カイロプラクティックに関する相当の知識と技術を身につけていないと、マニュピレーションを行うことは大変危険であるといわれています。
ただし、相当の教育を受けたカイロプラクターは極めて安全であり、かつ基礎医学的知識も医学部同等レベルで教育を受けているため、カイロプラクティックの問診および初診の検査において重篤な疾病を見抜き、医師の治療を勧めたり、逆に医師もカイロプラクティックを薦めることもあります。

手の痺れ
2013/04/25
今日から大分暖かくなってきましたね。
週末の三連休も天気も良く気温も高そうで良かったです。

さて手の痺れ、手の痺れにも色々原因があるのですが、最近多いのが小胸筋や斜角筋と言う筋肉のの緊張による神経圧迫が原因の方がとても多いです。
これは仕事中の筋疲労や猫背などの姿勢の悪さから筋肉に負担をかけているのが大きな原因となります。

小胸筋と言うのは胸のところにある筋肉で、小胸筋が硬くなると、小胸筋と肋骨との間を通っている腕神経叢神経と言う神経が圧迫され、手の痺れが出ます。
また、猫背になると頭の重心が前に移動するため、首のところの斜角筋に重心がかかり斜角筋の緊張を引き起こします。
そして斜角筋は前中後と三つの繊維に分かれており、斜角筋が固くなると前と中の間を通っている頚神経叢を圧迫し、手の痺れを引き起こします。

最近手の痺れで多いのはこの小胸筋と斜角筋が原因の胸郭出口症候群(TOS)と言われている症状です。

これは姿勢を正し、筋肉にかかっている負担を取り除いてあげることで痺れと手の血流が改善します。
国内でWHOの基準を満たす教育の修了者
2013/04/13
暖かくなったり寒くなったり、先日群馬では下が降りたらしいですね。
皆さん風邪を引かないように気をつけてください。

さて、先日(4月5日)の下野新聞にカイロプラクティックの健康被害防止への安全指針と言う記事が載っていました。
WHO(世界保健機関)では、カイロプラクティックと言うのは安全で効果的な代替医療と言う評価を受けています。
ただし、そのカイロプラクティックの施術者と言うのはWHOの示す教育基準を満たした者を指しているのですが、国内でWHOの基準を満たすカイロプラクティック教育の修了者・施術者と言うのは、国内に2万人以上いるカイロプラクターの中でわずかに800人程度、4%に過ぎないというのが日本の現実です。
25軒カイロプラクティックの施術院があったとして、わずか1軒だけが国際基準を満たしたカイロプラクティック施術院と言うことになります。

これでは国民生活センターにカイロや整体での被害報告が増えても仕方ないと言う状態になりますね。

しっかりとした知識があれば、問診で7割原因が絞れると医者の世界でも言われています。
ですが、カイロプラクティックの世界で、問診をしっかり行う施術院と言うのは実際ごくわずかです。
何故かと言うと知識が足りないために問診を行っても原因を絞れないからです。

シャロームではしっかり問診を行い、その後検査を行い原因を特定し、しっかり説明を行ってから施術にあたります。
何故それが出来るかと言うと私が国内に4%しかいない国際基準を満たした教育の修了者だからです。

もし他のカイロや整体に行って自分にはカイロや整体が合わないのかもしれないと思っている方がいましたらシャロームカイロプラクティックに是非お問い合わせください。
前ページTOPページ次ページHOMEページ
受付時間と料金
お問い合せ
アクセスマップ
サイトマップ
リンク集
営業カレンダー